スポンサードリンク

生活習慣病とメタボリックシンドローム



生活習慣病は、日常の生活習慣が発症に及ぼす影響が大きい病気の総称となります。

具体的に2型糖尿病、肥満症、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、虚血性心疾患、脳血管障害、大腸癌、骨粗鬆症などが含まれ、影響を及ぼすとされる生活習慣因子として、食事、運動、休養、喫煙、飲酒、ストレスなどがあげられます。

生活習慣病は、不健康な生活習慣を続けるうちに、ゆっくりと進行していくのが特徴になります。そのため多くは中年以降に発症します。

例えば、塩分の多い食事を続けていると高血圧になり、脳卒中や狭心症、心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。

また過量の飲酒を続けていると高尿酸血症になりがちで、痛風、さらに腎機能障害へと進行していく可能性があります。

生活習慣病は、生活習慣だけが原因で発生するわけではなく、環境要因、遺伝要因も関与します。しかし、若い頃から健康的な生活習慣を心がけていれば、発症リスクを低下させることができます。

生活習慣病の特徴は、症状が相当悪化するまで自覚症状があらわれないことです。自覚症状がでたときには、完治させるのは、困難という場合もあります。そのため、定期的に健康診断を受け、健康状態を把握しておくことが大切になります。

生活習慣病のなかの、内臓脂肪蓄積型肥満、脂質代謝異常、高血圧、糖代謝異常の四つは、特にメタボリックシンドロームと言われ、こうした要素が複数合併をすると、それぞれが軽症であっても動脈硬化が加速され、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってきます。

現在、メタボリックシンドロームは、病気と考えられて、診断基準も確立されています。

メタボリックシンドロームを改善するためには、高エネルギー、高脂肪食の食事を控えるようにして、運動に努めて、へそ回りのウエスト周囲径、内臓脂肪を減らしていくことです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10837230

この記事へのトラックバック