スポンサードリンク

高血圧と動脈硬化



高血圧は血管を硬くさせ血管障害を引き起こします。

高血圧のリスクは、脳出血とか脳梗塞、心筋梗塞とか、またそれらえ死亡するとか狭心症になるとか、または腎臓の血管障害を起こします。

そして、腎臓の血管障害を起こすとか、末梢の動脈の効果をおこすとか、末梢動脈の狭窄をおこすとか、心肥大がくるとか、そういうリスクになります。

このようなリスクは高血圧だけでなく、高コレステロール血症などが複合するとさらに悪化していきます。

コレステロールが正常であっても、高血圧があると血管障害をおこす率は高くなってきます。動脈硬化はコレステロールが沈着するだけではありません。

高血圧はいろいろな機序がありますが、結果的には血管を硬くしてしまいます。なので高血圧の人は動脈硬化が進行し、動脈硬化のリスクが高くなります。

動脈硬化は、マルチファクターリスク、例えば、高血圧に高コレステロール血症、糖尿病、肥満のいわゆる死の四重奏、そういった危険因子が重なればさらに悪くなっていきます。

ただ、高血圧だけでもリスクになります。その証拠に、アメリカでは高血圧のガイドラインをいろいろ作ってきて、それを徹底させることによって血圧を下げてきた結果、冠動脈疾患、梗塞と出血を含めた脳卒中の率が直線的にどんどんと下がってきました。

ただ、あるところまで下がってきてそこからは横ばいになってしまうという問題はありますが、少なくてもそこまで血圧は関係します。

高血圧では、血圧を下げればその予後はよくなる、合併症は少なくなることになります。特に日本人の場合は、コレステロールが高くなったといっても欧米人よりも少ないからです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11533466

この記事へのトラックバック

アロマオイル“イランイラン”の効果効能
Excerpt: ランプベルジェはアロマオイルやアロマランプの老舗ブランドです。アロマテラピーが盛んなフランス国内では、芳香アロマ消費量の70%をランプベルジェが占めているそうです。ランプベルジェのアロマオイルの中には..
Weblog: ランプベルジェのアロマオイルde本格アロマテラピー
Tracked: 2009-01-25 12:40