スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの危険性


メタボリックシンドロームの危険性

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に加えて、高脂血症・高血圧・高血糖などの危険な要素を2項目以上合わせ持つ状態のことをいい、1項目あるとその予備軍とされています。危険因子の1つ1つに問題がなくても、相互に関係しあいながら、重なることで恐ろしい結末を招いていくそこにメタボリックシンドロームの怖さがあります。

厚生労働省が平成13年に行った、日本の企業労働者約12万人を対象にした調査があります。狭心症や心筋梗塞などの発症リスクは、メタボリックシンドロームの危険因子を全く持たない人を1とすると、1つ持っている人は約5倍、2つ持っている人は約10倍、3つ持っている人はなんと!約31倍にもなったという結果が出てします。

この調査は、現役のビジネスマンを対象に実施したもので、60歳以上の高齢者含まれていないというから驚きです。しかも、意外なことにそれぞれの危険因子は、実に軽度であったことも報告されています。

小さな危険因子が、本格的な治療を必要とするものでなければ、ほとんどの人は、気に留めません。30代40代にもなれば、血圧の一つも高くなって当たり前と思っている方も多いと思います。しかし、危険因子の1つ1つに問題がなくても、相互に関係しあいながら、重なることで恐ろしい結末を招いていく、それがメタボリックシンドロームの怖さです。

県内、メタボリック男性6割 女性も10人に3人
琉球新報
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者と予備群の割合は県内の男女とも40歳以上の全年代で全国平均を上回り、男性は5人に3人、女性は10人に3人を占めることが県の県民健康・栄養調査で分かった。男性は20、30代でも全国より割合が高かった。 ...(続きを読む)