スポンサードリンク

メタボリックシンドロームは動脈硬化対策を


メタボリックシンドロームになると知らぬ間に動脈硬化が進行していきます。動脈硬化は血管の老化といわれていますが、昔から血管から老いるといわれています。

最近では、食の欧米化などから若い人でもこの動脈硬化を起こしている人が多いようです。高脂肪の食事などで内臓脂肪が蓄積されると中性脂肪が増加します。善玉コレステロールが減少すると血液の流れが悪化してくるので、よくいわれるようにドロドロ血液になります。

メタボリックシンドロームについての対応が後手にまわると、血液がドロドロの状態になり、その結果、動脈硬化が進行し狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を発症するリスクが高まります。

血管に血栓という血液の塊ができてしまいそれらが血管を詰まらせることで発症します。動脈硬化はこのような病気の引きがねになります。

メタボリックシンドロームは、動脈硬化をされに進行させるものなので要注意です。心筋梗塞や狭心症、脳梗塞は命にかかわる恐ろしい病気です。

健康診断などで動脈硬化がかなり進行していたら食生活を中心に生活スタイルから変えるようにして、メタボリックシンドロームの対策をするようにします。生活習慣の改善をしてメタボリックシンドロームを改善し血栓症をおこさないように血液の流れを浴するようにしましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9300168

この記事へのトラックバック