スポンサードリンク

メタボリックシンドロームと三大疾病


日本人の三大疾病は、がん、心臓病、脳卒中の三つです。これは他の先進国にいっても順位の差は多少はあっても、この三つが上位をしめています。この中の心筋梗塞を代表とする心臓病と脳卒中などは、動脈硬化が要因となる病気です。

メタボリックシンドローム(代謝症候群)になると、糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、内臓脂肪型肥満をベースに幾重にもなって、動脈硬化をすすめ、ひいては心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を発症させてしまいます。

メタボリックシンドロームでおこる病気の危険性は、危険因子の数と大きな関わりがあり、危険因子の量が増加するほど、命の危険をともなう脳梗塞とか心筋梗塞につながります。

心臓病では、危険因子をもっていない人のの危険度を1とすると、危険因子を1つもっているひとでは5.1倍、2つもっている人では5.8倍、3〜4個もっている場合では危険度は急激に上昇し、35.8倍になるようです。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満を背景に高血糖、高血圧、脂質異常が複数重なることによって、動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気の危険性が急激に高まってしまうので注意が必要です。

大人だけでなく、子供に蔓延している症状で、食生活や運動などの生活習慣の改善には十分配慮することが必要になってきます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9666244

この記事へのトラックバック