スポンサードリンク

メタボリックシンドロームは生まれる前から予防が大切


出生児の低体重、過体重、生まれたときの体重が標準以下の低出生体重児は、将来にわたり、メタボリックシンドロームになる確率が非常に高いことがわかっています。

日本においても最近の、若い女性のダイエット願望から、その母親から生まれてくる子供が、小さいというケースが1割近くに達して、厚生労働省でも問題視をしているようです。

低体重の子供は、胎児期に腎臓とか、肝臓、膵臓といった重要な臓器が栄養不足になっていて、そのことが将来的に、血圧のトラブルや、糖質、脂質といった栄養素の代謝トラブルを招くと原因とされています。

それとどうように過体重の子供も、糖尿病の母親からは、かなりの確率で、過体重の子供がうまれてくることが知られています。

実は、現在は、メタボリックシンドロームの対策は、大人だけでなく、子供でも遅すぎで、母体のうちからということがいえるかもしれません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9920816

この記事へのトラックバック