スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの予防は食事から


メタボリックシンドロームの予防の基本は適正な食事です。まず自分自身が必要以上に食べていないかをチェックすることがメタボリック症候群の予防の第一歩だといえます。

満腹感を得るため、食べないと体に悪いのではないかという理由でカロリーオーバーの食事をする人もいます。

間食に清涼飲料や缶コーヒー、スナック菓子などを食べるなどの食習慣はメタボリック症候群の予備群になり得ます。

このような食生活を改善し、それからメタボリックシンドロームの予防として進めていきましょう。

人が一日に必要なカロリーは、その人の体重で算出できるのです。

適正体重とは、身長(m)×身長(m)×22で求められる数字です。

必要な1日のエネルギー量はというと、デスクワークが多い人の場合25〜30キロカロリーで、立ち仕事や外回りをする仕事の人で30〜35キロカロリー、また体をよく使う仕事の人の場合35〜40キロカロリーだといいます。

このカロリーを守って食事を摂ることを目指してメタボリック症候群の予防を食事から始めましょう。

必要なカロリーを超えないように食事をするだけでなく、よくかんで食べることも、メタボリックシンドロームの予防につながることなのです。

食べ物を良くかむことは消化吸収を良くすることでもあり、食事の時間も長くなって満腹になりやすくなります。

メタボリックシンドロームを予防する上で、この食べ過ぎることを防げることは大変効果的な法方だといえるでしょう。


生活習慣病とメタボリックシンドローム



生活習慣病は、日常の生活習慣が発症に及ぼす影響が大きい病気の総称となります。

具体的に2型糖尿病、肥満症、高血圧、高脂血症、高尿酸血症、虚血性心疾患、脳血管障害、大腸癌、骨粗鬆症などが含まれ、影響を及ぼすとされる生活習慣因子として、食事、運動、休養、喫煙、飲酒、ストレスなどがあげられます。

生活習慣病は、不健康な生活習慣を続けるうちに、ゆっくりと進行していくのが特徴になります。そのため多くは中年以降に発症します。

例えば、塩分の多い食事を続けていると高血圧になり、脳卒中や狭心症、心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。

また過量の飲酒を続けていると高尿酸血症になりがちで、痛風、さらに腎機能障害へと進行していく可能性があります。

生活習慣病は、生活習慣だけが原因で発生するわけではなく、環境要因、遺伝要因も関与します。しかし、若い頃から健康的な生活習慣を心がけていれば、発症リスクを低下させることができます。

生活習慣病の特徴は、症状が相当悪化するまで自覚症状があらわれないことです。自覚症状がでたときには、完治させるのは、困難という場合もあります。そのため、定期的に健康診断を受け、健康状態を把握しておくことが大切になります。

生活習慣病のなかの、内臓脂肪蓄積型肥満、脂質代謝異常、高血圧、糖代謝異常の四つは、特にメタボリックシンドロームと言われ、こうした要素が複数合併をすると、それぞれが軽症であっても動脈硬化が加速され、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってきます。

現在、メタボリックシンドロームは、病気と考えられて、診断基準も確立されています。

メタボリックシンドロームを改善するためには、高エネルギー、高脂肪食の食事を控えるようにして、運動に努めて、へそ回りのウエスト周囲径、内臓脂肪を減らしていくことです。



メタボリックシンドロームとNASHの関係


メタボリックシンドロームのひとはNASHにかかりやすいといわれています。NASHは、新しく認識された病気で不明な点も多いですが、肥満や糖尿病、高血圧の人におこりやすいことがわかっています。

特に肥満においては、そうでない人と比べると約7倍もNASHになる確率が高いとされ、BMI指数が高くなってくるほど発症率も上がっています。

また皮下脂肪の肥満よりも内臓脂肪型の方がNASHになりやすいのも特徴になります。

高血圧や糖尿病、内臓脂肪の蓄積は、メタボリックシンドロームにつながる要因です。実際にNASHの人の約3分の2は、メタボリックシンドロームであるといわれています。

メタボリックシンドロームの診断基準を満たしている人は、NASHにも注意が必要といわれます。

肥満が大きく関わっているNASHの治療は、生活習慣を改善して原料をすることが基本になります。具体的には、食事で摂取するエネルギー量を減らしていき、適度な運動を一日20〜30分以上なるべく毎日行うことです。

高血圧とか糖尿病の合併症を起こしている人は、薬を使用してその病気の治療をします。


NASHは、非アルコール性脂肪肝炎のこと


メタボリックシンドロームは生まれる前から予防が大切


出生児の低体重、過体重、生まれたときの体重が標準以下の低出生体重児は、将来にわたり、メタボリックシンドロームになる確率が非常に高いことがわかっています。

日本においても最近の、若い女性のダイエット願望から、その母親から生まれてくる子供が、小さいというケースが1割近くに達して、厚生労働省でも問題視をしているようです。

低体重の子供は、胎児期に腎臓とか、肝臓、膵臓といった重要な臓器が栄養不足になっていて、そのことが将来的に、血圧のトラブルや、糖質、脂質といった栄養素の代謝トラブルを招くと原因とされています。

それとどうように過体重の子供も、糖尿病の母親からは、かなりの確率で、過体重の子供がうまれてくることが知られています。

実は、現在は、メタボリックシンドロームの対策は、大人だけでなく、子供でも遅すぎで、母体のうちからということがいえるかもしれません。


メタボリックシンドロームと三大疾病


日本人の三大疾病は、がん、心臓病、脳卒中の三つです。これは他の先進国にいっても順位の差は多少はあっても、この三つが上位をしめています。この中の心筋梗塞を代表とする心臓病と脳卒中などは、動脈硬化が要因となる病気です。

メタボリックシンドローム(代謝症候群)になると、糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、内臓脂肪型肥満をベースに幾重にもなって、動脈硬化をすすめ、ひいては心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を発症させてしまいます。

メタボリックシンドロームでおこる病気の危険性は、危険因子の数と大きな関わりがあり、危険因子の量が増加するほど、命の危険をともなう脳梗塞とか心筋梗塞につながります。

心臓病では、危険因子をもっていない人のの危険度を1とすると、危険因子を1つもっているひとでは5.1倍、2つもっている人では5.8倍、3〜4個もっている場合では危険度は急激に上昇し、35.8倍になるようです。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満を背景に高血糖、高血圧、脂質異常が複数重なることによって、動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気の危険性が急激に高まってしまうので注意が必要です。

大人だけでなく、子供に蔓延している症状で、食生活や運動などの生活習慣の改善には十分配慮することが必要になってきます。




メタボリックシンドロームは動脈硬化対策を


メタボリックシンドロームになると知らぬ間に動脈硬化が進行していきます。動脈硬化は血管の老化といわれていますが、昔から血管から老いるといわれています。

最近では、食の欧米化などから若い人でもこの動脈硬化を起こしている人が多いようです。高脂肪の食事などで内臓脂肪が蓄積されると中性脂肪が増加します。善玉コレステロールが減少すると血液の流れが悪化してくるので、よくいわれるようにドロドロ血液になります。

メタボリックシンドロームについての対応が後手にまわると、血液がドロドロの状態になり、その結果、動脈硬化が進行し狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を発症するリスクが高まります。

血管に血栓という血液の塊ができてしまいそれらが血管を詰まらせることで発症します。動脈硬化はこのような病気の引きがねになります。

メタボリックシンドロームは、動脈硬化をされに進行させるものなので要注意です。心筋梗塞や狭心症、脳梗塞は命にかかわる恐ろしい病気です。

健康診断などで動脈硬化がかなり進行していたら食生活を中心に生活スタイルから変えるようにして、メタボリックシンドロームの対策をするようにします。生活習慣の改善をしてメタボリックシンドロームを改善し血栓症をおこさないように血液の流れを浴するようにしましょう。



メタボリックシンドロームの危険性


メタボリックシンドロームの危険性

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に加えて、高脂血症・高血圧・高血糖などの危険な要素を2項目以上合わせ持つ状態のことをいい、1項目あるとその予備軍とされています。危険因子の1つ1つに問題がなくても、相互に関係しあいながら、重なることで恐ろしい結末を招いていくそこにメタボリックシンドロームの怖さがあります。

厚生労働省が平成13年に行った、日本の企業労働者約12万人を対象にした調査があります。狭心症や心筋梗塞などの発症リスクは、メタボリックシンドロームの危険因子を全く持たない人を1とすると、1つ持っている人は約5倍、2つ持っている人は約10倍、3つ持っている人はなんと!約31倍にもなったという結果が出てします。

この調査は、現役のビジネスマンを対象に実施したもので、60歳以上の高齢者含まれていないというから驚きです。しかも、意外なことにそれぞれの危険因子は、実に軽度であったことも報告されています。

小さな危険因子が、本格的な治療を必要とするものでなければ、ほとんどの人は、気に留めません。30代40代にもなれば、血圧の一つも高くなって当たり前と思っている方も多いと思います。しかし、危険因子の1つ1つに問題がなくても、相互に関係しあいながら、重なることで恐ろしい結末を招いていく、それがメタボリックシンドロームの怖さです。

県内、メタボリック男性6割 女性も10人に3人
琉球新報
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者と予備群の割合は県内の男女とも40歳以上の全年代で全国平均を上回り、男性は5人に3人、女性は10人に3人を占めることが県の県民健康・栄養調査で分かった。男性は20、30代でも全国より割合が高かった。 ...(続きを読む)



メタボリックシンドロームと糖尿病


メタボリックシンドロームと糖尿病

メタボリックシンドロームの診断基準の血糖値があります。血糖値が高いと、インスリンの分泌量などが弱まると血液中の糖が増えすぎてしまいます。この様な状態のことを「高血糖」とよばれています。食後2時間の血糖値が約180mg/dl〜200mg/dl以上を示す状態のことを糖尿病といいます。


糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病とがあります。

【1型糖尿病】
小児期に起こることが多い糖尿病で すい臓からインスリンの分泌が少なくなり インスリン自体が絶対的に不足し 糖を代謝することができません。その為、インスリン注射が必要になります。1型糖尿病は、インスリン注射以外に治療法がない状況です。

【2型糖尿病】
2型糖尿病は、生活習慣や遺伝的な原因が要因となる糖尿病です。メタボリックシンドロームと関係がある糖尿病は、この2型糖尿病です。この2型糖尿病は、インスリン自体は、分泌されてはいるのですが、インスリン自体の働きが悪いため、糖の代謝がうまくいかないのです。しかし、この2型糖尿病でも症状が進行するとインスリンの分泌量が減りインスリン注射をしなくては、いけません。


2007/07/25-19:36 健診施設の第三者評価へ=民間「査定機構」が事業開始
時事通信
来年度からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防を目的とした特定健診がスタートするのを前に、民間の「健康評価施設査定機構」は25日、健診施設の質を保証するための審査・認定事業を開始すると発表した。 開原成允理事長(国際医療福祉大学大学院院長) ...(続きを読む)


メタボリックシンドローム


メタボリックシンドロームとダイエット

メタボリックシンドローム対策のためにダイエットをしてもなかなか成功しない時、体内に活性酸素や有害金属といった毒素が蓄積されているのが原因かもしれません。

毒素は普通脂肪に蓄積されますが、脂肪に毒素がたまると脂肪がうまく消費されなくなり、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

α―リポ酸とMSMには過剰な活性酸素除去作用と、有害金属を除去するキレート作用があります。キレート作用で有害金属を体外に排出させる作用がダイエットをスムーズに成功させるために有効といわれています。

また、α―リポ酸にはビタミンB1と共に糖分を代謝する働きがあります。食事と運動がダイエットの基本ですが、ダイエットに効果的なサプリメントを摂取することもメタボリックシンドロームの予防に役立ちます。

ダイエットに補助するサプリメントに頼るだけでなく、上手に利用してダイエットの成果を出すようにしましょう。


地区巡回健康教室始まる
伊那毎日新聞
箕輪町の「みのわ元気サイクル事業」の一環「地区巡回健康教室」が24日夜、箕輪北小学校区の沢、大出、八乙女地区をモデル地区に同校体育館で始まった。24人が参加し、メタボリックシンドロームの話を聞き、ウォーキングなど軽い運動で体を動かした。 ...(続きを読む)



メタボリックシンドロームと肥満について


メタボリックシンドロームと肥満について

欧米諸国では、メタボリックシンドロームと肥満はすべてではないにしても、約7割はかなりオーバーラップしていることが問題になっています。

そして脂肪細胞に脂肪量が多いとインスリン抵抗性が上がります。


ただ、日本ではまだ肥満は少なく、欧米人のような超大型の肥満はごくわずかです。

2型の糖尿病にかかっている人は、平均的にほとんど肥満でなく、食べ過ぎによる、肥満の人は5パーセントくらいだそうです。


メタボリックシンドロームの危険因子5つのうちの三つに、肥満をベースにみた時、肥満と高脂血症と高血圧で三つになります。

肥満はなく、高脂血症、高血圧、糖尿病の三つがあれば、こちらの方がはるかにリスクは高いと考えられます。


ベースになるのはインスリン抵抗性で、特に日本人の場合はインスリン抵抗性がハイリスクになります。


日本人に肥満がすくないといっても、食の欧米化の浸透によって少しずつ増えていますし、日本人の場合は、欧米人よりも、欧米食で肥満になりやすく、少しの肥満でも糖尿病になりやすい体質にあります。


逆に少しやせただけでも相当改善されるので、それだけ、食生活、特に食べ過ぎに注意をしましょう。



[メタボリックシンドロームについての基礎知識]
日本の論点PLUS
メタボリックシンドロームという言葉が一気に世間に広まったのは、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が一般に知られるようになったせいもあるが、診断基準(本論参照)にウエストサイズという身近な値が取り入れられたことも大きな要因となった。 ウエストサイズといっても、正確 ...(続きを読む)




メタボリックシンドロームの治療法


メタボリックシンドロームの治療法

メタボリックシンドロームの治療には運動療法と食事療法による生活習慣の改善が最も重要です。

運動療法散歩、ジョギング、自転車、ラジオ体操、水泳などの有酸素運動を

1日15−30分、週3日以上

1.準備体操を5−10分ほど、ストレッチングを中心に行う。
2.歩行:最初の5分間はゆっくりとしたペース。その後、脈拍数100−120/分を目安にして10−20分間。マイペースを守り、無理をしないこと。
3.運動中の水分補給を忘れない。
4.体操を5−10分行い、運動を終わる。

体調が悪いときは、無理に運動をせずに休むことが大切です。


食事療法糖尿病に準じた食事療法が推奨されています。

1日に食べる量を制限し、標準体重を維持するようにしましょう。

1. 標準体重(理想体重)=身長(m)×身長(m)×22
2. 摂取エネルギー量=標準体重×30
たとえば、身長160cmの場合、
標準体重=1.6×1.6×22 → 56kg
摂取エネルギー量=56×30 → 約1600kCal


脳年齢 年金すでに もらえます=第一生命のサラリーマン川柳
時事通信
内臓脂肪症候群を表す「メタボリックシンドローム」が話題となる健康ブームを反映し、「脳トレを やるなら先に 脂肪トレ」が9位に入選。高齢化社会の進展をほろ苦いユーモアで包んだ「忘れぬよう メモした紙を また捜す」といった句も入選した。 ...(続きを読む)


メタボリックシンドローム


メタボリックシンドロームの現状

心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、肥満症などの原因とされているメタボリックシンドロームの疑いがある人もしくは予備群とされる人が、20〜30歳代での該当者は男性が2割前後で女性はほとんどいないそうです。

ただ、40歳を過ぎると急増していき、40歳〜74歳の男性約5割の上ることが、厚生労働省の全国調査でわかりました。


女性も同年代で2割が該当し、全国で約2000万人と推測されているそうです。

心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの動脈硬化性疾患は、悪性腫瘍と同じく日本人の主な死亡原因の一つで、それらをもたらす要因には、様々な因子が知られています。


「高脂血症」「糖尿病」「高血圧」「肥満」死の四重奏とか交響曲とかという物騒な呼び方でよばれていました。


三井製糖、天然甘味料「パラチノース」で「スローカロリープロジェクト」を開始
日経プレスリリース
メタボリックシンドロームは、今や国を挙げて取り組むべき時代になっています。2006年5月に厚生労働省から発表された調査結果では、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドロームが強く疑われる人又は予備群と考えられる、として ...(続きを読む)


メタボリックシンドロームで心疾患が2倍!


メタボリックシンドロームで心疾患2.5倍のリスクに!

肥満でも、皮下脂肪による肥満ではなく、内臓に脂肪が付く「内臓肥満」は、生活習慣病の要因になっていることが知られています。

内臓に脂肪が蓄積すると、その脂肪細胞が出す生理活性物質のアディポネクチンの分泌の低下などが起き、血糖値を調節するインスリンに対する抵抗性が高まってしまいます。


インスリンの抵抗性上昇をきっかけに、血糖値が高くなる耐糖能異常や血圧上昇、脂質代謝異常が引き起こされます。

肥満によるインスリン抵抗性の上昇を介して高血糖や血圧、高脂血症が次々と連鎖していきます。


これまで肥満や高血圧、糖尿病、高脂血症は、それぞれ独立した動脈硬化の危険因子とされてきましたが、メタボリックシンドロームでは、危険因子が相乗的に動脈硬化を進展させていることを示すデータも出ています。


メタボリックシンドロームの人は、そうでない人に比べ脳卒中や心筋梗塞など虚血性疾患の発症が2・5倍も高いことも明らかになっています。




「メタボリックシンドローム関連市場は7.5兆円規模」 -- 矢野経済研
nikkeibp.jp
矢野経済研究所は5月9日、中性脂肪対策向けの食品や、糖尿病治療などの「メタボリックシンドローム関連市場」について調査結果をまとめた。それによると2004年における同市場の規模は予防、診断分野だけで1兆円に達し、高額な費用のかかる改善/治療分野を含めると7兆5000 ...(続きを読む)


メタボリックシンドロームと腎疾患


メタボリックシンドロームと腎疾患

メタボリックシンドロームが引き起こす病気の一つに、腎臓の障害があります。

メタボリックシンドロームによる腎臓の障害には、大きく分けると、肥満そのものが腎臓障害の原因になるものと、メタボリックによる合併症(高血圧、高血糖、高脂血症など)の代謝異常に伴うものの2つに分けられます。


肥満そのものによる腎臓の障害は、「肥満関連腎症(ORG)」と呼ばれています。

これは、肥満に伴う血行の異常、内臓脂肪からの内分泌的変化に起因しています。


メタボリックシンドロームは、インスリン抵抗性、高血圧などの代謝異常を起こし、それに伴って二次的な腎障害として、糖尿病性腎症、腎硬化症が引き起こされる場合があります。



三井製糖、メタボリックシンドローム対策の啓蒙を目的に天然甘味料「パラチノース」で「スローカロリープロジェクト」を開始
マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース)
三井製糖は、同社が製造する天然甘味料「パラチノース」が、健康に対して多くの効果があり、なかでもメタボリックシンドローム対策に役立つことを広く啓蒙し普及させていくことを目的として、「スローカロリープロジェクト」(三井製糖の登録商標)活動を開始した。 ...(続きを読む)


メタボリックシンドロームとBMI


メタボリックシンドロームとBMI

自分の肥満指数を知ることで、メタボリックシンドロームに対処しましょう。


BMIとは、身長からみた体重の割合を示す指数。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
   
標準BMI=22 25以上=肥満 
    
25未満18.5以上=普通 18.5未満=やせ


体重÷身長の二乗がこの値の時、病気になる確率がもっとも低いという疫学調査から導き出されました。この値がボディマス指数(BMI)。

BMIが25を越えたら要危険!BMIが高くなると、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなります。


企業連携の成果が相次ぐ 下京・KRPが媒介役
京都新聞
KRPなどは9日、京都企業3社が共同開発した健康飲料がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防に役立つことを検証したと発表。また、KRPの事業で出会った京都のベンチャー企業と日東紡も同日、助産師の発想にヒントを得て授乳用ブラジャーを共同開発した ...(続きを読む)



メタボリックシンドロームのリスク


メタボリックシンドロームのリスク

メタボリックシンドロームの診断基準が注目されるのは、肥満の人、特に内臓に脂肪が多くついている人は、大きな病気にかかりやすいことが明らかになったからです。


肥満なのかどうか確認する方法にBMIという基準を用います。

BMIは、身長と体重の関係をみる、新しい国際的な尺度になっている計算式で、肥満度の判断の指標になります。


BMI=体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

19.8未満:やせ 
19.8 以上 24.2 未満:普通 
24.2 以上 26.4 未満:やや肥満
26.4 以上:肥満



でた数値が高い人は、

正常の体重の人に比べて糖尿病で約5倍、高血圧で約3.5倍の発症率だそうです。


高血圧や糖尿病、高脂血症や肥満といったメタボリックシンドロームの危険因子を4つ全部持っていると、心筋梗塞になる確率が30倍以上あがってしまいます。



ハウス食品、「苦味低減化フェヌグリーク」の糖尿病予防効果とメタボリックにおける糖脂質代謝の改善効果を確認
マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース)
ハウス食品は、京都大学大学院農学研究科(河田照雄教授)との共同研究によって、香辛料の一種であるフェヌグリークを苦味低減化した新素材に、糖尿病を予防する効果と、メタボリックシンドロームにおける糖脂質代謝の改善効果が期待できることを確認した。 ...(続きを読む)


メタボリックシンドローム・肥満のリスク


メタボリックシンドローム・肥満のリスク

メタボリックシンドロームのメタボリックは「代謝」という意味があります。

過食や運動不足により内臓脂肪が蓄積されると、生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病など)をいくつも併発しやすくなると言われております。

このような状態を、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、代謝症候群)」と言います。

生活習慣病のリスクが重なるほど動脈硬化を進行させ、脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすくなるのです。

特に、肥満、高血圧、高脂血、高血糖、全てに異常が見られるハイリスクな状態は「死の四重奏」とも呼ばれています。


肥満の人の発症リスクは、肥満でない人に比べて下記の通り、高くなると言われております。
糖尿病では、5倍  高血圧では3.5倍  脳・心臓血管障害⇒2〜2.5倍にも高まります。


メタボ対策にいかが? 「飲む玉葱」
エキサイト
最近、さまざまなメディアで“メタボリックシンドローム”なる言葉をよく耳にするが、恥ずかしながら正確な意味をよく知らなかった私。こっそりと調べてみたところ、どうも「高血糖」「高血圧」「高脂血症」のうち2つ以上が重なっており、心筋梗塞、脳卒中など生活習慣病の ...(続きを読む)


メタボリックシンドロームと高血圧


メタボリックシンドロームと高血圧

人の血圧は、さまざまな臓器に血液を送るために、ほぼ一定の値を保つようになっています。

そして、人の体には血液中の塩分量を調節したり、血管の収縮、拡張を調節するいろいろなしくみが存在します。

ただし、この調節がうまくいかなくなると血圧が上昇して高血圧(最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上)の状態となり、この圧に耐えようとして血管は硬くもろくなります。

腎臓などの細い動脈や、心臓や脳に栄養を送る比較的太い動脈にも動脈硬化を起こします。


肥満の人は高血圧をおこします。

体脂肪量が増加してくると全身に向けて送り出す血液量がさらに必要になり、末梢の血管も狭くなることから、心拍出量の増大や血管抵抗の上昇が起こります。

そして脂肪細胞から放出される血圧調節因子の調節異常や体液量調節系の異常などもメタボリックシンドロームにおける高血圧のメカニズムに関与しています。


成人男性の約2人に1人がメタボリックシンドロームの疑い
TBS
さらに、メタボリックシンドローム=ウエストが男性で85センチ以上で、血圧や血糖などが高く、放置しておけば心筋梗塞や脳卒中などにつながる危険性の高い人は、予備軍も含めると、成人男性のおよそ2人に1人にのぼることが分かりました。 ...(続きを読む)


メタボリックシンドロームとBMI


メタボリックシンドロームとBMI

BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数です。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
   
 標準BMI=22           25以上=肥満 
    
25未満18.5以上=普通    18.5未満=やせ


例--身長170センチ 体重75kgの場合
 BMI=75÷1.7÷1.7÷=26.0→肥満

体重÷身長の二乗がこの値の時、病気になる確率がもっとも低いという疫学調査から導き出されました。この値がボディマス指数(BMI)。

●BMIが「25」を越えたら要危険!BMIが高くなると、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなります。



「苦味低減化フェヌグリーク」の糖尿病予防効果とメタボリックシンドロームにおける糖脂質代謝の改善効果を確認
日経プレスリリース
ハウス食品株式会社は、京都大学大学院農学研究科(教授:河田照雄、京都府宇治市五ヶ庄)との共同研究により、香辛料の一種であるフェヌグリーク(※)を苦味低減化した新素材に、糖尿病を予防する効果と、メタボリックシンドロームにおける糖脂質代謝の改善効果が期待 ...(続きを読む)


メタボリックシンドローム


メタボリックシンドロームと腎臓疾患

メタボリックシンドロームが引き起こす病気の一つに、腎蔵疾患があります。

メタボリックシンドロームによる腎障害には、大別して、肥満そのものが腎障害の原因になるもの、メタボリックシンドロームによる合併症(高血圧、高血糖、高脂血症など)の代謝異常に伴うもの2つに大別されます。


肥満そのものによる腎障害は、肥満関連腎症と呼ばれています。

これは、肥満に伴う血行の異常、内臓脂肪からの内分泌的変化に起因します。

メタボリックシンドロームは、インスリン抵抗性、高血圧などの代謝異常を起こし、それに伴って二次的な腎障害として、糖尿病性腎症、腎硬化症が引き起こされる場合があります。


腕の血管で動脈硬化の進み具合が推察できるように
朝日新聞
FMDはこの機能を鋭敏に反映することができるため、メタボリックシンドロームの重症度や動脈硬化の危険因子が、実際にどの程度動脈硬化に関与しているかを客観的に測ることができ、他の検査法と比較して比較的早期の動脈硬化の変化を反映できます」と語ります。 ...(続きを読む)