スポンサードリンク

診断基準/ 診断基準/メタボリックシンドローム



メタボリックシンドローム診断基準が2005年の4月につくられました。


診断基準

おへその高さの腹囲が男性85センチ、女性90センチ以上の場合に、内臓脂肪型肥満と診断をされます。

それに加えまして、高脂血症、高血圧、高血糖のうち二つ以上の項目にあてはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。


血糖や血圧の基準値は、一般の糖尿病とか高血圧の診断基準よりも厳しくなっています。


でこのことは、個々の危険因子は、軽度でも、重なると動脈硬化の進展をよりいっそううながしてしまうので、少し高めの段階から治療をする必要があるからになります。


メタボリックシンドロームを解消するには、原因となっている食べ過ぎや運動不足を解消するのが一番になります。


そうすることで動脈硬化の危険因子を一気に遠ざけることができるということになります。


メタボリックシンドロームの診断基準



メタボリックシンドローム診断基準です。

動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群をメタボリックシンドロームという概念のもとに統一しようとする世界的な流れの中

日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会が日本におけるメタボリックシンドローム診断基準をまとめ、2005年4月に公表しました。


基準作成の中心となられたのは、内臓脂肪症候群の提唱者であり、世界のメタボリックシンドロームの基準策定にも貢献された松澤佑次先生で、従来から本サイトの監修者でもあります。今回の内科学会の会頭として公表の場を設けられました。


診断基準では、必須項目となる内臓脂肪蓄積(内臓脂肪面積100平方cm以上)のマーカーとして、

ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」とし、

その中で @血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、

またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)

A血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)

B高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)


の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する、と規定しています。