スポンサードリンク

中性脂肪と動脈硬化



中性脂肪が多くなると、動脈硬化を促進して、心筋梗塞などを引き起こして胃しまいます。


血液中のコレステロールや中性脂肪が多い状態を高脂血症といいます。

中性脂肪の場合は、150?r/1dl以上が高脂血症と診断をされます。


コレステロール値が高いと動脈硬化が促進されて、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患や脳梗塞などにつながることは、その認識を広がってきました。


実は中性脂肪もその値が高いときには動脈硬化が進行することが最近の研究で明らかになってきました。


中性脂肪は、コレステロールのように血管壁に沈着するわけではありません。

でも、血液中の中性脂肪が多いと、通常のLDLより小さなLDLがたくさん出現します。

またリポタンパクが分解される過程でレムナントという老廃物も増えます。

この小さなLDLやレムナントは、血管壁に沈着しやすく、動脈硬化を促します。


中性脂肪が多いと、善玉といわれるHDLが減少します。

HDLは、血管壁にたまってコレステロールを回収する役目があるため、少なくなるとコレステロールの沈着が加速して、動脈硬化が進んでしまいます。


中性脂肪が高いということは、動脈硬化を起こしやすいサインです。


中性脂肪とは



中性脂肪は、血液中の脂質の一つ。

血液の中にはいろいろな種類の脂質が含まれていてます。


健康診断などでよく耳にするコレステロールとか中性脂肪もその一種ですね。


コレステロールは、細胞の膜やホルモンの材料になります。

これに対して中性脂肪は、身体を動かすエネルギー源になります。


中性脂肪は、食べ物に含まれる脂質をもとに小腸でつくられるほか、肝臓でも、脂質や糖質などから、合成されます。


そして、血液に入って全身をめぐり、エネルギー源として使用されます。

全身の脂肪細胞に蓄えられ、必要に応じてエネルギーに変えられます。


コレステロールも中性脂肪も共に油ですか、ほとんど水分である血液に溶け込むことができません。


そのために特殊なタンパク質と結びついたリポタンパクという形をとって、血液中に存在をします。


中性脂肪の検査では、食事の量やないように変わるので、12時間以上絶食して、何回かそくていしてみて、150r/1dlあれば高中性脂肪血症と判断されます。





皮下脂肪とは


皮下脂肪ってどんなもの?

女性の方が気になる皮下脂肪、これは文字通り皮膚の下につく脂肪のことです。

そして女性の肥満の多くは、この皮下脂肪の多いタイプになります。


皮下脂肪型肥満では、下腹部から、おしりにかけて脂肪が多くつくため、洋ナシ型肥満とも呼ばれています。

内臓脂肪はたまりやすく減りやすいですが、皮下脂肪なかなか減りにくいのが特徴です。


皮下脂肪は、内臓脂肪に比べると、高脂血症や高血糖といった生活習慣病への悪影響が少ないことがわかっています。

一部の研究によると、むしろよい働きをすることもあるといわれています。


ただし、女性も閉経後は内臓脂肪がつきやすくなりますので、メタボリックシンドロームには十分に注意をしなくてはなりません。



LDLコレステロール



LDLが悪玉コレステロールといわれるのは、血管壁に入り込み、動脈硬化を引き起こす原因になるからです。

このLDLが一定以下の量であればHDLが血管壁にたまったコレステロールを運び出してくれるので血管壁は健康に保たれます。


今、メタボリックシンドロームで話題の内臓脂肪ですが、この内臓脂肪が過剰にたまっていると、通常のLDLよりもサイズが小さく、しかも血管壁に入り込みやすい、超悪玉の小型LDLがたくさんあらわれてくることがわかっています。


しかも内臓脂肪がたまってくると善玉のHDLがへってしまうため、血管壁にたまったコレステロールをうまくとりのぞくことができません。


そのため、血管壁にどんどんコレステロールがたまり、やがてアテロームとよばれる、じゅくじゅくした塊ができてしまって、血管の内腔をせまくしてしまいます。


アテロームが何らかの原因で破裂をすると、そこに血栓がついて、血管を完全に塞いでしまうことがあります。


そしてそれが心臓で起これば心筋梗塞、脳で起これば脳梗塞という命に課かwる病気をつくってしまうことになります。


LDL悪玉コレステロールに対しての対策をとっておきましょう。


高脂血症と内臓脂肪



高脂血症は、内臓脂肪がたまって起こる、メタボリックシンドロームの一つです。

内臓脂肪がたまると、なぜ高脂血症がになりやすくなるのかといいますと。


高脂血症では、空腹になって、身体がエネルギーを必要とするとき、脂肪細胞が遊離脂肪酸などに分解されて肝臓に運ばれます。


遊離脂肪酸は肝臓で中性脂肪にごうせいされますが、油である中性脂肪は水分が主成分である血液に溶け込むことができません。

水と油は相反するものです。


そこでタンパク質などと結びついてVLDLという形になって、血液中に放出をされます。


ただしVLDLではそのままの形ではエネルギーとして利用できないので、今度は、脂肪細胞でつくられる、リポタンパクリパーゼという酵素によって分解をされます。


このVLDLが分解されて、全身にコレステロールを供給する悪玉のLDLや、血管壁のコレステロールとを除去する善玉のHDLがつくられます。


内臓脂肪がたかまってくると肝臓へおくられる遊離脂肪酸が増えて、VLDLの量も増加します。

さらに、リポタンパクやリパーゼの働きが低下するためにVLDLがうまく分解されないまま、血液中にたまっていきます。

そしてVLDLには多量の中性脂肪が含まれているので、それだけで血液の中性脂肪値が高くなります。


このような感じで、内臓脂肪の蓄積は中性脂肪が多く、HDLが少ないタイプの高脂血症を引き起こしてしまいます。


高脂血症はメタボリックシンドロームの要因



高脂血症というとドロドロ血液をイメージしてしまいますが、一言でいうと高脂血症は、血液中の脂質が増えすぎた状態といえます。


高脂血症と脂質の種類についてですが、人の体内では、脂質は主に中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸という4種類の形で存在をしています。

この四つはいずれも食物に含まれた脂質が消化管で分解、吸収されて体内で再合成されたものと、食べた脂質から再合成されたもので、次のような特徴をもっています。


脂肪は発生するエネルギー量が多いので、体内で余分に余った脂質や糖質は、発熱率の高い脂肪の形で脂肪細胞に蓄積されます。


60キロの人で約9キロが蓄積されていて余分なものは肥満の原因になります。


中性脂肪は必要に応じて分解されて、そのためにも運動がすすめられていますが、この代謝が順調に行われずに血液中に中性脂肪が増えると、コレステロールとともに動脈硬化を促進する危険が大きく高まっていきます。


コレステロールは体内に100〜150グラム含まれています。

食事からとれるのはごくわずかで、そのほとんどが体内脂肪から肝臓で合成をされて、細胞膜の構成成分、胆汁酸やホルモンの材料として使われます。

このコレステロールと中性脂肪が血液中に増えた状態高脂血症で、コレステロールが多い、中性脂肪が多い、そして両方が多いという三つのケースがあります。


動脈硬化とか、高血圧とか、血栓症などの大きな原因となってしまいます。


まずいろいろな症状にも当てはまりますがまずその症状はどんな状態なのかを把握しておくとどんな手を打てばいいのかもわかるようになります。