スポンサードリンク

メタボリックシンドローム講座


メタボリックシンドロームについて各県各地域でいろいろな勉強会がおこなわれるようになりましたね。

その症状をよく知ることで、その病気に対する対処法もわかってきます。

国民医療費の高騰なんとかしないといけません。

一人ひとりの健康意識の向上が鍵を握ります。

「脱メタボ」を講座で学ぶ/川崎
神奈川新聞
内臓脂肪による肥満の人が生活習慣病を引き起こす危険因子を併せ持っているとして社会的関心の高い「メタボリックシンドローム」について学び、生活習慣病予防のきっかけづくりを目指す講座「”脱メタボ”今日からチャレンジ! ウエストダウン!」が十六日、川崎市幸区の ...(続きを読む)


メタボリックシンドロームは習慣を改善するところから


メタボリックシンドロームという名前をつけて、生活習慣病を撲滅の運動が各地でされていますが、基本は食生活です。

食の問題は、欲と旨みと習慣が絡んでいてなかなか厄介です。

知識、情報の普及とともに心構えについての教育も必要な気がします。


メタボリックシンドロームという言葉が言われだして、テレビ、新聞、雑誌などでその言葉を目にしたり耳にしたりする量が増えてきました。

糖尿病、高脂血症、肥満、高血圧といった病気が、一つ一つは軽いとしても、それがお互いが重なり合うことで、重篤な症状へとつながっていくのがメタボリックシンドロームです。


メタボリックシンドローム(代謝症候群)(Metabolic Syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。


メタボリックシンドロームについての最新ニュース

脱メタボリック
山陽新聞
そこには、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予備軍と指摘され、「生活習慣の改善を医師と話し合って」と結んである。 事件事故などを担当する社会部デスクは夜勤が多く、食事・睡眠を含め不規則な生活...(続きを読む)

メタボ危険度、一目で納得! 検診結果のビジュアル化進む
フジサンケイ ビジネスアイ
放っておくと生活習慣病を招くメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を解消するにはそのリスクを目で理解させるのが一番とばかり、検診結果のビジュアル化機能が注目されている。背景には、2008年度に始ま...(続きを読む)

塩野義製薬、第二次中期経営計画で今後3年間の取り組みなど見直し
日経プレスリリース
研究・開発面では、感染症、疼痛、メタボリックシンドロームの3領域へリソースを集中的に投下し、2009年度までにPhase2以降に最低5品目を創出することを目指しておりますが、これまでに3品目(S−23...(続きを読む)

エムアウト、ネット専用デリカテッセン「Wish on Dish」で減塩メニューを発売
日経プレスリリース
健康や食の安心に関する国民の意識が高まるなかで、平成20年4月から、厚生労働省が40代以上の特定検診の項目に「メタボリックシンドローム」(以下:メタボ)に対する保健指導を義務付けるなど、健康への取り組...(続きを読む)

ヘルシー・ワークス、カロリーなどを低めに抑えた「医療食」の通販を開始
日経プレスリリース
厚生労働省の「平成16年 国民健康・栄養調査結果」によれば、「40〜74歳におけるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者数は約940万人、予備群者数は約1020万人、併せて約1960万人」...(続きを読む)


メタボリックシンドローム/最新ニュース


メタボリックシンドロームについての関連する最新ニュースです。

メタボリックシンドロームという言葉が言われだして、テレビ、新聞、雑誌などでその言葉を目にしたり耳にしたりする量が増えてきました。

糖尿病、高脂血症、肥満、高血圧といった病気が、一つ一つは軽いとしても、それがお互いが重なり合うことで、重篤な症状へとつながっていくのがメタボリックシンドロームです。


メタボリックシンドローム(代謝症候群)(Metabolic Syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。

出典: フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」より


メタボリックシンドロームの最新ニュース

健康講演会〜知って予防メタボリックシンドローム〜
札幌市役所
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防の一つとして運動習慣の改善が大切といわれています。日常生活の中で取り組める運動の方法や活動量の目安を学び、内臓脂肪を減らしましょう。 (講師:佐竹恵治氏〜財団法人さっぽろ健康スポーツ財団健康運動指導士)。 ...(続きを読む)

塩野義製薬、第二次中期経営計画で今後3年間の取り組みなど見直し
日経プレスリリース
研究・開発面では、感染症、疼痛、メタボリックシンドロームの3領域へリソースを集中的に投下し、2009年度までにPhase2以降に最低5品目を創出することを目指しておりますが、これまでに3品目(S−2367、S−364735、S−777469)を開発 ...(続きを読む)

サッポロ、大麦のメタボリックシンドロームの予防効果に期待など研究成果を発表
日経プレスリリース
特に、大麦は白米と比較して、血清コレステロール、特にLDLコレステロールの低下作用を有するばかりでなく、メタボリックシンドロームの指標になっている内臓脂肪面積、胴回りの低下作用も有する可能性を示唆する試験結果は、今後の大麦を使った、酒類・飲料・食品開発 ...(続きを読む)

JT、烏龍茶・杜仲茶・緑茶・ウコンエキス配合のブレンド茶「カラダからだ」を発売
マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース)
また、2008年から40歳以上の健康診断で「腹囲測定」が項目として加えられるなどメタボリックシンドロームが問題視されている。 こうした背景のなかJTでは、ブレンド茶市場に向けて、「健康の基本はカラダから」をテーマに現代人の健康を考えたブレンド茶飲料「カラダから ...(続きを読む)

ヘルシー・ワークス、カロリーなどを低めに抑えた「医療食」の通販を開始
日経プレスリリース
厚生労働省の「平成16年 国民健康・栄養調査結果」によれば、「40〜74歳におけるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者数は約940万人、予備群者数は約1020万人、併せて約1960万人」と推定されています。当社の推計では、生活習慣病、 ...(続きを読む)

株式会社 日立製作所
Japan Corporate News Network (press release)
近年、南アフリカ共和国では、急速にメタボリックシンドロームのような生活習慣病の診断に関連する市場が拡大しています。健康保険制度の整備が進む一方、日本と異なり、国土が広く、大規模な受託検査センターのない同国において、小規模な病院や診療所向けの医療機器に ...(続きを読む)

株式会社キノス
ValuePress!(プレスリリース)
労働者健康状況調査結果(厚生労働省02年)において、仕事で体が疲れる割合が7割に達していること、また40歳以上の男性では4人に1人といわれるメタボリックシンドロームが問題となっていること、これら現代病に対応する機能性食品素材が望まれていることから、「 ...(続きを読む)

4.納豆ダイエットの伝導者たち
J-marketing.net
メタボリックシンドロームへの不安があり、運動や正しい食生活でやせたいというニーズが強い層である。一方女性も男性と同じく、生活習慣病不安から「健康のためにやせたい」30代、ついで「美容のためにやせたい」20代、生活習慣病のリスクが顕在化し、家族の健康も気に ...(続きを読む)

リクルート 健康・医療の総合サイト『ここカラダ』 「こころ」も「カラダ」もリフレッシュ キャンペーン実施
News2UNet (プレスリリース)
健康・医療の総合サイト「ここカラダ(http://www.cocokarada.jp/)」は、「メタボリックシンドローム」「ノロウィルス」「不妊症」など近年の消費者の健康・医療情報ニーズの高まりに応えるサービスとして、2005年12月にサービスを開始しました。 ...(続きを読む)

2007年03月30日 print: submit to: bookmark:
Open Tech Press
健康・医療の総合サイト「ここカラダ(http//www.cocokarada.jp/)」は「メタボリックシンドローム」「ノロウィルス」「不妊症」など近年の消費者の健康・医療情報ニーズの高まりに応えるサービスとして、2005年12月にサービスを開始しました。 ...(続きを読む)



トランス脂肪酸を避ける


トランス脂肪酸は、マーガリンとかショートニングに使われている脂です。

トランス脂肪酸は、植物油に水素添加したもので、その先はプラスチックです。

トランス脂肪酸の油は、身体にとってまったくよくない成分で、さけることをお勧めします。


ワシントン・ポスト紙早版ヘッドライン(22日付)

世界日報 (会員登録)

ワシントン地区のレストランで、心臓疾患や肥満 の原因と指摘されているトランス脂肪酸の使用を避ける傾向が広がる。 ★米連邦準備理事会(FRB)、21日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を市場の予想通り5.25% ...

ヤフー知恵袋 教えてgoo より

トランス脂肪酸
・・・今話題になっている「トランス脂肪酸」は、体内で代謝されないと聞きましたが、本当でしょうか?体の中に蓄積され続けるのでしょか?私は、油脂製品が好物だったので、肉もケーキもクッキーもたくさん食べます... 2007-01-08 20:23:00

トランス脂肪酸 マクドナルド
・・・アメリカでは有害物質であるトランス脂肪酸を多く含んだファーストフードが消費者団体からのクレームにより規制が数年前から行われています。アメリカの雑誌で、トランス脂肪酸を多く含んだマクドナルドから最... 2007-01-11 23:44:00

トランス脂肪酸、おかきのようなお菓子
・・・トランス脂肪酸はお菓子で言えばクッキーなどにショートニングやらマーガリンが入っているのは分かりますが、日本のお菓子の揚げせんべいとかは油で揚げているのでこれもまたトランス脂肪酸が入っていると考え... 2006-12-11 08:56:00

トランス脂肪酸の少ない油
・・・トランス脂肪酸がなにかと話題ですが、トランス脂肪酸の少ない油とはどれを指すのでしょうか調べてもなかなか解決できませんでした.... 2007-01-03 18:34:00

含まれる脂肪分はトランス脂肪酸です
・・・油、大豆油、パームオレイン、レシチン(大豆由来)とは、トランス脂肪酸になるのでしょうか?鉄分、カルシウム補給の為に飲ませたほうが良いかと思ったのですが、これらの脂肪分がトランスファットならば飲ま... 2006-04-18 18:29:00

トランス脂肪酸の含有量について(バターと
・・・トランス脂肪酸の含有量について、信用できる情報ソースを探しています。ネットや本で見て、バター 4〜5%マーガリン 10%程度というような情報を別々のところから見つけました。出来れば同じ出典で信用... 2006-01-31 19:28:00

マーガリンについて・・・
・・・マーガリンには極わずかの量らしいのですが体に良くない成分が入ってると耳にしました。詳しいことを知ってる方いましたら教えてください。.... 2005-09-03 22:12:00

トランス型脂肪を摂らない方法
・・・こんにちはトランス脂肪を摂りたくないのですが、マーガリンやショートニングなどですか?商品の原材料名でどういった表示に気をつけたら良いのですか?植物油脂と書いてあるのも駄目ですか?よくわかりません... 2006-10-05 23:26:00

マクドナルドは子供に食べさせても安全?
・・・十分だったとして損害賠償などを求め、カリフォルニア州の地裁に提訴していました。こうしたトランス脂肪酸の害について、日本ではほとんど認知されておらず、トランス脂肪酸含有量の表示義務もないため、全く... 2006-06-24 12:09:00

マーガリン
・・・一般に植物油は不飽和脂肪酸が多く液状であるといわれ、マーガリンにするには水素を付加して固形にする必要がありますよね。なぜ不飽和だと液状になりやすいのでしょうか。というのも二重結合が多いほど分子が... 2007-03-20 20:29:00


メタボリックシンドロームの予防


メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドローム予防へ「親子ドック」

熊本日日新聞 (会員登録)

放置すると動脈硬化症などの危険性が高まるとされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防策につなげようと、県は二〇〇七年度から「親子ドック」のモデル事業を始める。小学生の親子を対象に食事や運動の習慣を調べ、家庭での生活状況から要因を探り、児童期 ...



メタボリックシンドロームの予防で重要になるのが、健康的な食生活と運動習慣です。


特に日本人の場合は、高カロリー、高脂肪の欧米型食生活は、欧米人以上にメタボリックシンドロームや糖尿病になりやすく、実際日系米人は米国人に比べて糖尿病の発症率が2倍も高いことがわかっています。


大事なのは、両親が糖尿病または高脂血症などでも、食事や運動などの生活習慣に気をつければ、糖尿病や高脂血症は防げるということです。


食の欧米化の影響を受けやすい体質とは、遺伝による病気とは異なり、子々孫々に伝わるのではなく、日本人は貧しい時代を乗り越えてきた末の子孫ですから、多かれ少なかれそういう先祖伝来の体質を受け継いでいます。


欧米型の飽食を長い間つづけていくと、飽食の耐性がつくということもかんがえられません。

欧米人でも虚血性の疾患で多くなくなっているし今は悠長なことはいってられません。


食の欧米化でもたらされた糖尿病という病気ですが、日本では予備軍を含めて1620万人います。

種の保存をということではこれから大問題になってくると思われます。


食事は穀類を土台にして主食と副食のバランスを1対1にです。

ご飯を食事の中心に置き、主食である多糖類といわれる炭水化物をシッカリとることですね。



メタボリックシンドローム/小児メタボリックシンドローム



メボリックシンドロームが子供に蔓延!


小児メタボリックシンドローム 基準は腹回り80センチ以上

熊本日日新聞 (会員登録)

メタボリックシンドロームは、動脈硬化が進んだハイリスクな状態。肥満度よりも、外から見えにくい内臓に蓄積された脂肪の量が問題になる。内臓脂肪をつくる脂肪細胞は、さまざまな働きを持つ「アディポサイトカイン」という物質を分泌し、体内の機能をコントロールして ...




小児にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準を適用する場合、検査の数値から判断するとウエストが82.5センチ以上でさまざまな検査値の異常が増えることが確認されていたことから、小児のメタボリックシンドローム診断基準として暫定的にウエストを80センチ以上としています。

同様に、小児の健診や疫学調査の結果から、小児メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)診断基準は次のようになっています。

(1)腹囲(ウエストサイズ):80センチ以上

(2)血圧:上が125mmHg以上または下が70mmHg以上

(3)血糖値:空腹時血糖値100mg以上(1dl当たり)

(4)血中脂質:中性脂肪120mg以上(1dl当たり)
   またはHDLコレステロール40mg未満(1dl当たり)


メタボリックシンドロームに運動を


メタボリックシンドロームには運動が有効です。


メタボリックシンドロームの予防、リズムに乗って 福知山 市民ら運動法学ぶ

京都新聞

参加者は、少人数で気軽にできて肥満予防に効果的な運動法を学んだ。

メタボリックシンドロームとは、肥満に高血圧や高血糖などの生活習慣病が加わった状態のことで、脳卒中になりやすいとされる。市主催の3回シリーズで、この日は先月の料理教室に続き2回目。50代から60代 ...



メタボリックシンドロームを考える


メタボリックシンドロームは、健康番組やテレビの宣伝、雑誌の記事などにもよく見かけるようになりました。

メタボリックシンドロームということについて、少し考えてみます。



日本人の約30パーセントは脳卒中や心臓発作など大事なところの血管トラブルで死にいたるといわれています。

その前段階としての特徴として、腸周りに内臓脂肪が蓄積する長い時期があるといわれ、運動不足と過食にたよったこのぽっこりでたお腹をメタボリックシンドロームということが流行語の一つになってきました。



厚生労働省は、メタボリックシンドロームとその予備軍は中年男性の2人に一人だとの調査結果をはっぴょうしましたが、これについては根拠のない診断基準で、無駄な薬剤使用を増やすだけという厳しい批判があります。



死の四重奏と何年か前にいわれていました、肥満、高血糖、高脂血、高血圧が重なると心臓発作は脳卒中による死を招く危険性が高いということでした。



メタボリックシンドロームという場合は、この肥満の大半である内臓脂肪の蓄積が他の三つを招く、他の三つの解消はまず腸周りの脂肪を解消しようという観点が新しいところです。



メタボリックシンドロームも他の生活習慣病の初期と同様に特に自覚症状はないですが、軽い血糖値異常、少しの高血圧など、それだけだと心配しなくていいものでもそれが重なりあってくると重くなってくるわけです。



高脂血症や肥満では死亡率は上昇をしていません。

それより確実に生活の質が落ちてしまう、糖尿病とか脂肪肝の方が問題です。



今、日本では表向きでは、運動、食事、禁煙、薬といわれていますが、今の基準だと半分が投薬対象者になります。

そして指導している食事の内容が、タンパク質源として動物性の食品を程よくとるということなので、生活改善がうまくいきません。



メタボリックシンドロームになるのは、大概、動物性食品や脂肪のとりすぎでカロリーオーバーと運動不足が続いたり場合でおこります。

ですからメタボリックシンドロームに対しては、食の欧米化から足をあらい、食事面と運動面から生活習慣の根本的な建て直しをすることが大切になります。




メタボリックシンドロームの講演会



メタボリックシンドロームについて行われた講演会です。


メタボリックシンドロームについて講演
南日本放送
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が蓄積し、 高血圧など複数の生活習慣病が重なった状態のことです。40歳から74歳までの男性の2人に1人、女性も5人に1 人は疑いがあると言われています。公開講座では、日本赤十字北海道看護大学の伊藤善也教授が幼児期からの予防を ...




メタボリックシンドロームは直訳すると、代謝症候群ということになり、治療すべき病気として捉えられています。


危険因子は重なれば重なるほど相互に関連して、動脈硬化症は重症化し、心筋梗塞や狭心症などに急速に進むことが多くこれまで死の四重奏とかシンドロームXなどと呼んでいたのを治療を進めやすくするために

いろいろあるリスクファクターの中で5つ挙げ、そのうち三つあればメタボリックシンドロームとして考え、まずは生活習慣の改善から初めてきちんと治療し、心筋梗塞や脳梗塞などの大血管障害を水際で防ごうというものです。