スポンサードリンク

動脈硬化を知る



動脈硬化のことをよく知ってメタボリックシンドロームに備えるようにしましょう。


生活習慣病 自ら知ろう 上京でシンポ 医師ら予防訴え

京都新聞

メタボリックシンドロームが、肥満や高血圧など、それぞれは軽度でも複数の要素が集積して動脈硬化につながる複合的な疾患であることを説明。「運動、食事療法に加え、医療機関としては薬物投与を適切に行うことで治療につなげることも必要」と持論を話した。


動脈硬化は血管の老化です。

動脈硬化とは、血管の内壁にコレステロールがたまったり、血管の細胞が増殖したりして、血管が弾力を失ってしまい、硬くもろい状態になっていく症状です。。

動脈硬化では、血管壁がだんだんと厚くなり、内腔がだんだんとせまくなってきます。



動脈硬化が進行してくると、次第に血液の流れがだんだんとわるくなり、ひどくなると血管自体がつまってしまいます。

動脈硬化は、血管の老化に加えて、生活習慣や病気など、さまざまな原因によって起こってきます。



早い人で20歳代から始まって、加齢とともに進行していくのが動脈硬化です。



誰でも高齢になると、ある程度の動脈硬化になることはさけられませんが、単なる老化現象ではありません。

動脈硬化の起こりやすい人には、高血圧や、高脂血症、喫煙などの要因があって、この三つは特に動脈硬化の最大危険因子とされています。



危険因子をいくつも持っている人は、それだけ動脈硬化を起こしやすいといえます。